ググる

コロナ情報やTVに出ているお医者様、専門家の方々,,,etc。
もうちょっと信頼性がほぼセロですよねえ(*_*;
誰が本当なのかわからない!
情報があふれていても、役に立たない感激増中!

komatta

ところで、今悩んでいるのは首のポツポツ。
首のポツポツを自分でケアするためのいちばんポピュラーなアイテムはヨクイニンを使ったクリームや美容液です。
ことらも、情報がたくさんあふれていて、整理がつかないですよね。
そこで、ここでは、
・ヨクイニンで本当に確実にケアできるの?
・うまくいった人と行かない人はどうしてそうなの?
・どれを選べばいいの?
そんな、ヨクイニンを使った市販のケアアイテムの真実に迫ってみました。
ヨクイニンで自分でケアしようと思っている人の参考になると思います。

douzo

ヨクイニン イボ取れた | そうでしょう、取れて当たり前のことなのですから

首のイボ取れた

 

ヨクイニンでイボが取れるのは正直当たり前です。
ヨクイニンは、医師からも処方されるイボ様のお薬ですから。

 

ヨクイニンは、内服用として処方されます。

 

化合物製品のお薬優先の現代でも、イボはヨクイニンのような漢方的成分が用いられることが多いようです。
これまでの経験値や実証があって、長く使われているからです。

 

ちなみに、ヨクイニンは保険適用でもらえるお薬です。
イボを切除以外の方法で治したい方は、お医者様で処方してもらうことができます。

 

「2019年度の尋常性疣贅診療ガイドライン」によれば、
【ヨクイニンの内服量】
成人:18錠(3〜6g/日内服)
小児:成人の半量/日内服

となっています。

 

また、イボの治療法として、
@「液体窒素を用いた冷凍療法」
次に2番目として、
A「ヨクイニンの内服」
となっています。

 

このように、ヨクイニンは医療として使われる成分、イボ薬だということです。

 

ですから、内服したり、配合されたものを塗ったりしているうちに取れたとしても不思議ではありません。

 

ヨクイニンの働き

ヨクイニン

 

ヨクイニンは、良性腫瘍以外のほとんどのイボに効果があるとされます。

 

ヨクイニンでイボが取れる理由は幾つかあるようですが、医学的に確定的なものはないようです。
・肌のターンオーバーを整えるから
・免疫活性化に良く働くから

こういった理由があげられています。

 

「肌のターンオーバー」とは、「肌細胞の生まれ変わりと、そのサイクル」のことです。

 

イボができるということは、肌の細胞が衰えていることが考えられます。
そうなると、肌細胞の生まれ変わりも悪くなり、古い皮膚が残ってイボ様になる。

 

イボを取ってもまたできるのは、肌自体、肌の細胞の衰えが関係しているからです。
元となる原因(肌の劣化)が解決されないので、取ってもまたできる。

 

医師が儲かるだけ。

 

その点、ヨクイニンによって肌が良好な状態になれば、ポツポツやイボが取れるだけでなく、再発にも良く働く期待が持てます。

 

さらに、免疫活性化に働けば、ウイルス性のイボの予防に期待が持てます。

 

体が強ければ菌やウイルスに対抗して事なきを得ます。
体が不調で免疫も弱っていたら、ウイルスが原因となって不具合が起きます。

 

肌荒れやポツポツが気になったら、ヨクイニンを飲むのもかなりおすすめできる対処策です。

 

さらに、ヨクイニンに含まれるcoixenolideという物質が、抗腫瘍性の働きがあるとされます。
このため、ヨクイニンは、「ウイルス性でない老人性イボの隆起改善に働く」とも考えられています。

 

このような3つの優れた働きがあることから、ヨクイニンはイボ薬の定番となっています。

 

ヨクイニンでイボが取れた。
その理由は、ここまで記してきた理由によるものです。
そして、理由はハッキリしています。

 

自分でイボケアをしようとするなら、ヨクイニンがもっとも適切な方法だということです。
結果も大いに期待できます。

首イボ 市販薬 口コミ|実は口コミを信じていない人が続出中?

gimon

 

ヨクイニンやヨクイニンを使ったクリームなど、市販されているケア用品を選ぶ際には、口コミはとても役にたちます。
市販されている首のポツポツをケアするアイテムの口コミは、大手評価サイトや通販サイトのユーザ評価で知ることができます。

 

当サイトでも、集計しておすすめを掲載しています。

 

口コミは実際に使った人の評価や感想なので信頼が持てます。
商品を選ぶ際に必ずといっていいほど読まれています。

 

ただ、口コミの何割かは作られたものだということを踏まえて読む必要があります。

・商品を売るためのステマ(ステルスマーケティング)
・あえて関心を向けて読ませるネガティブキャンペーン

 

などなどのマーケティング戦術もあります。

 

さらに、自分の思うお通りにならなかったユーザの一部は、「悪意あるモンスタークレーマー」に変身していることもあります。

 

そういった人の情報はまったくあてになりません。

 

そういっても、実際には個々の口コミが正しいかどうかを見分けることはほぼ不可能です。
かろうじて、試供品をもらって開封して少し使っただけの人などを省くことがせいいっぱいです。

 

そこで、当サイトでは、そういったことを考慮して評価を見直しています。

 

自分に当てはめて考えてみるととても良くわかるのですが、
「どんな時に口コミを投稿したくなるのでしょうか?」ということです。

 

普通に自分の予想どおりになっても、それが求めていた商品価値なのですから、投稿までしようという気にはなりません。

 

自分の思っていたよりも「とても優れていて感激した」、「ぜんぜん思うとおりにならなくてものすごくガッカリした」といった特別な感情をいだくときに投稿が発生しやすいのです。

 

ですから、「突出した感想を投稿を除いた人たちが、どれぐらいの評価をしているか」が平均的な評価だということです。

 

受験でいうところの「偏差値」のような考え方です。

 

「ほぼ満足している群がどのあたりに集中しているかが、その製品のポイント」だという考え方です。

 

この見方だと、極端な感想を省いて、大多数の感想だけで評価値を見ることができます。
安心して読んで選ぶことができる情報だけが残ります。

 

首イボ 薬 について|意外に選択肢が無い首のイボ薬

お薬

 

首のポツポツを取るには、皮膚科に行くのがベストです。
ただし、皮膚科ではほぼ例外なく「外科的方法で切除」することをすすめられると思います。

 

それが「医師の腕の見せ所でもあり、稼ぎどころでもあるから」です。

 

しかし、実際には、首のポツポツで医者にかかって治したい人は(特に女性)、半分にも満たないのです。
なんと「6割近くもの女性は自分でなんとかしたいと思っている」という調査結果があります。

 

その理由は?

・切除が怖いし、痛みがあると聞いたから
・一度取ってもまたできるから
・恥ずかしい
・全部取ると時間とお金がどうなるかわからない

 

こういった理由で医者にはかかりたくない女性が半数以上にものぼります。

 

そこで、「自分でケアできるクリームや美容液はないかな?」と探すことになります。

 

今の時代は「ジェネリック薬品」も多く発売されているので処方してもらわなくても手に入ります。
鎮痛薬や水虫のお薬などもひと昔前は医者で処方されていたものが店頭に置かれています。

 

このとき、いちばん調べられているのが「ヨクイニン」を使ったものです。
また、市販のイボケアアイテムのほとんどが、ヨクイニンやヨクイニンを含むハトムギを使ったものです。

 

ヨクイニンは、医師からも処方される正式なイボ薬です。
飲み薬として処方されます。
嬉しいことに、同じものを通販でメーカーから買うこともできます。

 

他には、漢方薬で有名な杏仁(あんにん=苦杏仁)をつかったものもポピュラーです。
こちらも、市販されているので、探して気に入ったものを買うことができます。

 

このように、首のイボケアをしようと思うと、そこそこ良いものを市販で見つけて買うことができます。

 

しかし、その一方で、イボは悪性のこともあります。
その判断は素人にはできません。
痛みがあったり、血が出たり、色が変化したり、極端に大きくなったりしたら医者に見せるべきです。

 

そうでなければ、市販薬で自分でケアできます。
そして、自分でケアしようと思った人が、実に多彩なことを考えて、調べています(*_*;

 

次からは、そんなところを記してみます。

首イボ ベビーオイル 肌に良いベビーオイルでケアできる?

babyoil

 

イボは美容的に醜いことが一番の悩み。

 

害がないので、「なんとかして安価に簡単に自分で取りたいという気持ち」が湧いてきます。
それで、「身近なもので対処できないかな?」ということでいろいろ試されているようですね。

 

ヨクイニンの代用としていろいろ調べられているものがたくさんあります。
そんの1つにベビーオイルがあります。

 

赤ちゃんはまだ自分で体温調節がうまくできなかったり、免疫が整っていなかったり、お肌を守るバリアも完成していなかったりと無防備状態。
そんな赤ちゃんの肌を潤いで守るのがべビーオイル。

 

ベビーオイルは、赤ちゃんだけでなく、ママも一緒に使っていることが多いもの。
頭皮マッサージ、メイク落とし、乾燥肌の肌荒れ対策などにも使える便利グッズ。

 

今そこにあるこの便利グッズで首のポツポツなどをなんとかしたい、なんとかならないかなという気持ちが湧くのもうなずけます。

 

ポツポツやイボも肌のトラブルの1つです。
原因は様々で、確実にこうだという医学的なものは無いのですが、ほぼ肌の劣化が原因とされています。
紫外線対策不足、肌ケア不足も原因とされます。

 

それなら、ベビーオイルを使えば無害で肌の潤いも整うじゃない!
使うと肌が柔らかくなって、イボもポロっととれるのでは!?
期待が膨らみますよね。
でも、結果は残念なことがほとんでです。

 

イボは、
・皮膚の良性腫瘍
・古い角質の隆起
・ウイルスによる水イボ
これが大多数です。

 

腫瘍も角質も、ウイルスも、オイルでは対処できないのは素人にもわかります。
それなら皮膚科もいらない(*_*;

 

肌を柔らかくすることは、肌ケアの基本ですが、それでイボも柔らかくなって取れるまでにはならないと思います。
柔らかくして「自分で切り取りやすくする」ことはできるかもしれませんが、、、。

 

ベビーオイルは、経験上も「時間の無駄に終わる」方法なので、まったくオススメできません。

 

また、一般的にベビーオイルというと「とても安全なもの」という認識が高いのですが、大人にとってはそうでもないこともあります。
ベビーオイルには、鉱物油由来のものと植物性のものとがあります。
「鉱物油原料のものは、大人の女性の敏感肌を刺激」することもあります。

 

もし、肌にニキビがあったりすると、かえって悪さをします。

 

べビーオイルだからといって妄信、過信は禁物です。

首イボ オロナイン | 哀しい肌ケアの代表格がオロナイン

オロナイン

 

オロナインも、ヨクイニンの代用としてよく調べられています。

 

オロナインでイボが取れる?

 

って、もう調べる前からおおかたの人はわかっている。
頭の奥では「わけないわよね」って思っている。
でも、それでも調べる。

 

それはなぜ?

 

ある意味、イボは、その人の肌ケアの結果です。
もし、若くしてイボがあるなら、これまでの肌ケアを見直す必要があります。
ある程度の年齢であっても、「人よりもポツポツが多いな」とか、「大きなものができてきたな」という人も同じです。

 

イボの原因は、ウイルス性のものを除いて特定されていません。
複合的な肌の劣化や年齢による肌の衰えとされます。

 

ならば、「首のポツポツも自分の肌ケアの結果という現実を受け入れるべき」です。

 

そこを飛ばしてオロナインは?っていうのは、「自分をバカにしている」とも言い換えられませんか?
自分の肌って「オロナイン程度で治すくらいの重要度しかないの?」という話です。

 

オロナインはイボケアには必要かもしれません。

 

例えば、大きくなったイボを糸やハサミで切り取る。
そこで、傷跡からバイ菌が入らないように塗っておく。
そういう使い方はあるでしょう。
また、そうする方が良いと言えます。

 

しかし、イボそのものをオロナインで取ろうとする。
それはあまりに自分が可哀そうですよ。

 

肌を柔らかくするには、他にもハンドクリームなどもあります。
そういったものでとにかく肌を潤わせて柔らかくしてイボを切りとるという方法はあるかもしれません。

 

しかし、オロナインもハンドクリームも、肌質を改善するまでの機能はありません。
肌質改善は、高価な美容コスメの役割になります。
オロナインで叶うなら、肌コスメ、ましてや若返り幹細胞コスメなんていらないです。

 

自分の体、肌。
もっと大事にしてあげませんか?

小さな イボ 市販薬 | 美肌になってさなイボやポツポツから解放されるアイテムある?

careitem

 

首やデコルテに小さな隆起ができている。
イボかな?
それも、2つか3つほど。
こんな状態の女性はかなり多いですね。
40代になると急激に増えるようです。

 

肌にポツポツやイボができたという事実は、しっかりと受け止めなければなりません。
それは、「加齢によって肌の細胞が衰えて来た」ことが大きな原因。
ほかにも、「長年の紫外線による肌細胞のダメージ」なども大きな原因となります。

 

こういった肌の衰えがイボができる原因の一つとされます。
自分の肌の衰えをしっかりと認識して受け止めることが大事です。

 

その上で、イボばかりに気を取られずに、「肝心の肌を整えることにも気配りをしたい」ものです。

 

ふと気が付くことが多いイボ。
2つ3つ位の小さなものが現れたなら、そこがチャンスということです。
まだ、手遅れにならないうちにしっかりと衰えた肌をケアすることで、今あるイボだけでなく将来的にもイボの無い肌を造る。

 

イボは取るだけなら医者で切除してもらえばお終いです。
形状にもよりますが、ある程度大きくなれば自分でも切り取ることもできます。
でも、イボができた原因がそのままなのでまたできてしまう。

 

ここが美容上の大問題につながっていきます。
しかも、今はポツポツですが、次第に大きく、多くなっていくことが多いのもやっかいです。

 

そうしたことを解消するためには、早い段階で肌そのものをしっかりとケアすることが望まれます。
市販のクリームや美容液は、そうしたアプローチをしているものが多くなっています。

 

市販のクリームや美容液の多くは、イボを切除するのではなく、「肌を整えることで剥げ落ちる」ことを狙っています。

 

使うことで肌の潤いが戻り、肌のターンオーバーがしっかりと進むことで新たな肌に生まれ変わる。
その時にイボやポツポツも落ちていく、取れていく。
こういったアプローチです。

 

ここでもずっと記してきたことですが、イボにはイボケアのちゃんとした成分があります。
市販品の中でも、まずヨクイニンを使ったものを選びたい。
さらに、還付処方として長い使用歴と実績がある「杏仁(苦杏仁)」のエキスも注目です。
この2つを組み合わせたりしたものもあります。

 

こういった、ポツポツやイボケアに根拠があるものを選んで使うことで、肌そのものを整えて、イボの無い美肌へと導くのが良策です。

首イボ 取れた どうやって?どんなふうに!

首のイボ

 

「首のイボが取れた!」という体験談で最も多いのが、「いじっているうちにポロっと取れた」というもの。
円柱状に隆起したものを、「お風呂で揉んだりしているうちにポロリと取れた」など。

 

首のポツポツやイボには、角質が盛り上がっているのものもあります。
角質は古い皮膚の塊です。
肌から隆起した部分は既に死滅したもの。

 

もともとが剥げ落ちていく皮膚の残りですし、触っても痛くもなんともない。
そこで、肌が柔らかくなるような状態で思い切ってひっぱったりしているうちに、皮膚からちぎれたりすることもあるようです。

 

こういう体験談を読むと、ポツポツやイボを柔らかくすれば取れそうな気持になってきます。

 

痛みもないので、自分で切除したりすることも比較的簡単そうです。
そこで、糸やハサミで上手に取る方法を知りたくなります。

 

首のイボを何とかして自分で取りたいという人は、ほとんどがこんな情報を探している様子です。

 

しかし、反面、体験談のようにうまくいかない人が多い様子も伺えます。
なぜなら、ポツポツや首のイボを自分で取ろうとしている人の多くが、結局は「クリームや美容液といったアイテムを探している」からです。

 

blogなど、うまくいった体験や方法が掲載されたものを見ながらやってはみたもののいつまでたってもらちが空かない、取れない。
それで、仕方なく他の方法やアイテムを探している感じです。

 

もし、ポツポツや首のイボを気にしているなら、もう一度考えてみてもらいたいことがあります。
それは、「貴女のポツポツやイボはどんなタイプなのか」ということです。

 

もし、円柱形の肉状のものが隆起しているなら、いじっているうちにポロリと取れるかもしれません。
また、ハサミや糸で切除することもできるでしょう。

 

でも、ポツポツやイボが「肉腫だったり、ウイルス性のものだった場合には引きちぎったり、切除したりは難しい」です。

 

腫瘍は肉腫ですから、柔らかくなって(して)ちぎれ落ちることはないです。
切除するしかありません。
ウイルス性の水イボなら、ちぎると中のウイルスかが広がってしまいます。

 

そして、自分のポツポツやイボ様のできものがどんな種類のものなのかは素人では判別がつきません。
例え写真例があったとしても、医学知識のない一般人には見分けはつかない。

 

そうなると、体験談にあるような「柔らかくなって(して)ちぎる、ポロリと取れる」かどうかはわからないということになります。

 

多くの人がこの点を素通りしてしまって、「ポツポツやイボはポロリと取れるものなのでは!」という風に思ってしまうようです。

 

ほとんどの人が、時間を浪費するばかりで成果が無いままになります。

 

さらにちょっと注意したいことは、

「もし、悪性のものである場合には、刺激が進行のスイッチになることもある」ということを知っておくべきです。

腫瘍の多くは悪性の場合、刺激が増殖や悪化の原因になります。

 

ちょっと怖いです。

 

ですから、「ただのイボ、たかがイボ」などと軽く考えない。
まずは、市販の信頼性あるケア用品で様子を見るなどがベストだと思います。

まとめ

まとめ

 

ここまで、ポツポツや首のイボのに使われるヨクイニンを中心にして、自分でなんとかしようとしている人が調べている事柄について記してきました。

 

まず、ポツポツやイボにはいろいろな種類があること。
肌や肌細胞の衰えが原因となっていることも多いこと。
このような点を踏まえて、
・根拠のある期待できる成分を使ったもの
・しっかりとした効果が実証されているもの
を選ぶことが大事になります。

 

イボに使われる成分でもっとも信頼性が高いのはヨクイニンです。
ヨクイニンは、保険適用で医師から処方される正式な内服用のお薬です。

 

「2019年度の尋常性疣贅診療ガイドライン」にも、切除法の次の治療方法として推奨されています。

 

しっかりとしたエビデンス(証拠、根拠)のあるヨクイニンを配合したものを選ぶことがまず条件になります。
また、漢方処方で著名な「杏仁(苦杏仁)」エキスにも注目します。

 

こうした実績のあるものを、できれば気づいた時点で早めに使うことで肌を整えていく。
それが、ポツポツやイボの無い綺麗な肌を取り戻す近道ということになります。

 

ずっと放置したままでいると、数も多くなり、形も大きくなります。
医師にかかっても、一度では治療できず、時間も費用もかさむことになります。

 

市販のもので対処する利点は、そうならないように防衛的、予防的な目的で自分ですぐに対応できることです。

 

間違っても、今そこにある身近なもので代用しようなどといった安易なことを考えない。
自分の体、自分の大事なお肌なのです。
どれだけしっかりとしてあげられるかでその後が決まります。

 

「自分をどれだけ事にできますか?」
「適当に扱ってもっと悪くなるのも仕方ないですか?」

 

ポツポツや首のイボは、貴女のこれまでのケアに対してこう呼びかけています。

 

本来の自分、これまでのしっかりとしっとりとした肌にもどるために、チャンスと捉えられれば良い結果が出ると思いいます。
また、そうした人が喜ばしい良い結果を招いています。