ヨクイニンとは?

ハトムギの画像

 

イボ取り市販薬に良く使われるているヨクイニンは、?苡仁(よくいにん)と書き、ハトムギの種皮を除いた種子を原料にした生薬です。

 

9月下旬〜11月上旬に果実の成熟したころに刈り取ります。
その後、2〜3日乾燥し脱穀して作られます。

 

ハトムギは、卵形で、長さは約6 mm、幅約5 mmほど。
弱いニオイがあり、僅かに甘味があります。

 

イボ(ヒトパピローマウイルスが原因)取り、利尿作用、肌荒れ、痛みに効果があるとされています。
古くから民間薬としてよく知られています。

 

漢方処方用薬として、消炎、利尿、鎮痛、滋養強壮作用があるとされます。
むくみ,関節や筋肉の痛みを改善する薬方に配合されます。

 

また、古くから民間薬として、いぼ、肌荒れに使われています。

杏仁とは

アンズの画像

 

杏仁(きょうにん、あんにん)は、アンズの種子の中にある仁(さね)を取り出したものです。

 

長さは1.1〜1.5mmで形状は扁平の先の尖った卵円形をしています。

 

杏仁には苦みの強い苦杏仁(くきょうにん, Prunus maximowiczii)と、甘みのある甜杏仁(てんきょうにん)があります。
苦杏仁は薬用に、甜杏仁は杏仁豆腐(あんにんどうふ)、アマレットなどの材料として用いられています。
一般的には甜杏仁が使われますが、薬用には苦杏仁が使われます。

 

古くから漢方薬として用いられていました。
麻黄湯、大青竜湯などに処方されている重要な薬味です。

 

読み方は分かれており、漢方薬として使う場合には「きょうにん」、食べ物として使う場合には「あんにん」と呼ばれます。
日本には漢方薬としてよりも、明治時代以降に中国料理が盛んになったことで、食用として広まりました。

まとめ

girlの画像

 

東洋医学の中でももっとも古くから信頼されている杏仁オイル。
そして、長く民間薬としてイボに使われてきたヨクイニン。

 

2つの成分が入ったアンミオイルは、口コミ評価も高く結果もかなり良好です。

 

しかも、原材料自体も吟味され、直輸入されているなど、企業姿勢も好感が持てます。
さらに、高品質なオイルを精製するための抽出法にもこだわっています。

 

首のイボに使う専用品として、期待が持てそうです。
他の市販品に不満がある方も、お試ししてみる価値がありそうです。

 

 

 

>> 首イボ 薬 口コミ トップページへ